未草水園

スイレン栽培、育種の記録

お引越し

あまりマメではなく、一か月以上更新しない事のほうが多いわけで。
広告が非常に鬱陶しいのでライブドアブログに移転します。
どうぞ宜しく。
http://pygmaea.blog.jp/
スポンサーサイト

晴天が欲しい


本日は当地でも何度か晴れ間が見えましたがほとんど曇り。
週間天気予報を見ても晴れマークが。。。
こう曇りや雨続きだと今年の発芽苗の生長が遅れます。
これからやって来る冬までにある程度生長させ、上手く休眠状態に持って行きたいのです。
3、40苗ほどは浮葉も展開していて10苗ほどは多分屋外越冬にも十分耐えられる状態かなと思うのですが、まだ浮葉も展開していない苗が200くらいあります。
これはマズいなと思ってるんですが簡易的に温室のようなもので対応するか、避難出来るだけ屋内水槽で加温育成するか彼是と思い巡らしているところです。
既に栽培品種の一部では浮葉から水中葉に変わりつつあるものもあります。天気が安定しないと休眠状態に移って行くのも早まりますね。
まぁそちらは特に問題ないのですが兎に角、幼苗達が気になっている今日この頃であります。

 

 

以前、葉に色抜けと赤っぽいサビ色の模様が出た4女です。
残念ながらハッキリとしたキメラとはなりませんでしたが、絞りの入る品種となりました。
大きく育ててまして、この開花では絞りが確認出来ませんが、入る時は入ります。ただ。。。
いわゆる子絞りという感じで細かい線の絞りで非常に分かりづらくて思わずガクッとしてしまいました(笑)
しかも退色が激しく3日目には非常に薄い花色となります。古い品種でよくあるやつですね。
でもまぁ花もなんか可愛らしく僕の栽培してる品種にはない雰囲気で脇芽からも咲く良い子なのでキープする事に。
既にこの花粉をオリジナルと古い品種に投入してみました。
オリジナルに交配したものは種子も出来て、発芽しまくりです。
この交配より古い品種との方が楽しみなのでそれほど植え付けてはいません。

我が庭から巣立ったアマガエルくん。
 
今年はですね、忙しいながらも8月9月は結構交配する事が出来たかなというところです。
しかし、躍起になって色んな花粉を投入していた睡蓮があるのですが、全く結実せず。結実する気配すらなく。(笑)
いや、そんなはずないやろ?と思ってたんですが、よくよく考えてみたらそういう事かと自己完結。
そんな訳で先日改めて別の物を注文。そして本日到着。来年はこっちでリベンジです。
ついでに古くから交配によく使われている品種と八重のピンクの品種もゲットです。

7女。
全く人気のないピンクの品種にとある原種を交配したらこんなのが出た。
タンクワンとは違う濃い色味でどちらかというとワウ的なカラーかもです。
よく咲くんですが大型品種のカテゴリーになります。
交配の道は結構厳しいですが、面白いです。

夏に撮った7女。
シベも赤くて面白い。
ではまた気がむいたら。

ひとりごと?

今年の夏も何だかんだで忙しかったなぁと。
職業柄、夏は割と暇になるはずなんですが、有難い事に次から次へと。
この夏は。と、ある程度暇になるのを予想してアレとコレを交配するぞ!とニヤニヤしてるんですけど、現実は甘くなく出勤前の僅かな時間に大急ぎで交配。
家を出るのが5時半から6時40分くらいの間なのでギリギリ交配出来るかって感じで、時にはお目当の品種が咲いてないってのもしょっちゅう。
そんな訳で交配予定だったメキシカーナ系は全く出来ず。
まぁ来年に持ち越しです。
で、すっかり陽が沈むのも早くなって天気も安定せずでいくつかの耐寒性品種はおやすみモード突入の兆し。
この時期に交配するつもりだったものは変更で別のを量産中。普通のよりこっち使った方が絶対面白いだろうしという事なんですが、来年になるかな。
そういえば交配をするようになって以前から疑問だった事はやっぱりアレだろうなと確信。
こういうのって栽培だけしてると割と素直に受け入れてしまうんだろうけどやってみるとなるほどねってなる。
海外では実際どういう見解になってるのかは知る由も興味も特にはないんですけど。
情報にあんまり流されるのは得意ではなく気になったらやってみるという捻くれ者なので失敗しつつボチボチやってくしかないね。
現在、12交配分の種子を確保してて、内5交配分の種子が発芽してます。
僕のスタイルとしては一つの発芽苗を単一で植え付けるという非常に面倒な事をしているのですが、ほんと面倒(笑)
でもまぁ複数を一緒に植えて栽培するより色々やり易いと感じてます。
植え付け間に合ってないですが。
ゴチャゴチャするしスペース取られる。
そろそろ先月交配したものの朔果が弾ける頃。
たくさん交配させたので結構恐ろしい事になりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狙った花色

久しぶりの投稿です。
気付けばもう数日で9月と睡蓮シーズンもあと僅かといったところでしょうか。
この夏も思ってた以上に忙しく睡蓮のお世話もそこそこに、出勤前の数分で交配に勤しんでおりました。
前半に採れた種子も油断して幾つかダメになるというアクシデントがあったり相変わらず失敗も多い実験を結構やってたりします。
でもまぁそこそこに得るものもあるので結果オーライかなと。
種子はダメになってもタイミングがあえばまた作る事は可能なので。
あと油断した繋がりで言うと発芽苗の害虫被害が結構ありまして、対処が遅れた幼苗もかなり消滅させちゃいました。
こちらはまぁ対処法が分かったのでほぼクリアって感じです。
しかしまぁカエルの盛り場と化した我が庭はオタマジャクシが非常に鬱陶しいです。
羊草とか適当に増やしてたのは結構食われました。
カッパグサは余剰株も十分増えたので秋くらいにボチボチ交配に使っていけるかなって感じです。
毎日3、4株が開花中。
7月後半から耐寒性と熱帯性の交配を割とやってまして、新たに迎えた熱帯種をメインに次々と試してますが、数パターンの種子を確保済み。
でも確保してる事を忘れてまた同じ交配をしてしまってるという(笑)
出勤前に焦って交配してるのでこのミスがとにかく多いわけですが。。。
まぁ種子はいくらあってもいいか。とポジティブシンキング。
で、去年の交配で僕的にメインディッシュな苗がなかなか蕾を付けなくて焦ってます。
失敗の可能性も充分考えられるのでとにかく早く開花させ確認したいんですがなかなかうまくいきません。
今年は2回の栽培環境の増設を行ってるんですが、もうパンパン。
去年採れた種子もすっかり生長してまして鉢上げ待ちの株多数ありですが、交配に使わない品種や開花済みの駄作を廃棄してくか、キープするためだけに鉢下げするかしないとキツイっす。ガチで。
そんなわけで狙ってた花色に出来たオリジナルでも見てください。













とまぁこんな感じで、オリジナルxオリジナルで生まれた子です。
うちにはない色味の子で狙った中心に行く程淡い可愛子ちゃんです。
さてこれから更に進化と言うか?こんな色味で花弁の多い品種を目指して交配を進めて行くつもりです。

久しぶりの更新

そろそろ夏到来でしょうか?
しかし仕事がキツイっす。
さて、今朝の庭ですが。

サイアムビューティー
  

タンクワン
 

ラッタナウボン
 

サランラープ
 
良い週末を( ´ ▽ ` )ノ

D1d開花


緊急の仕事が入って早出残業の毎日だったので開花はもちろん見れず嫁さんが撮ってくれました。
やはり絞りの品種です。
拡大するとわかると思いますが、外側のピンクから内側の淡いピンクのグラデーションなので絞りがいまいち分かり辛いですね。
両親に全く似てないシュッとした細めの花弁もちょっと意外でしたが、初花なので次は全然違う開花となる可能性もあります。
水中に控えてる次の花芽の開花に期待です。